借金返済のための副業で苦しんで債務整理した体験談

浪費が原因の自己破産は無効と聞き、無駄遣いにより借金400万を作った私は債務整理はせずに、自力で副業して返済をして行こうと決めていました。

その内容はと言うと、外食に高級シャンパンにブランド物に宝石、と浪費の代表的な使い方でした。
贅沢とは海水のようで、飲めば飲むほど喉が渇きます。

もっと欲しい、もっと贅沢をしたい、と欲深くなり借入額は増えるばかり。
ただの会社員にとって、借金返済はとても厳しかったです。

他人と競い合うため、見栄を張るため、自己満足のためにじゃぶじゃぶとお金を使いました。
最初は10万円だった借入ですが、いざ確認をすると400万以上になっていました。

金融機関にもよりますが、借入をしても支払い総額を確かめる方法は、手間が掛かるのです。
ただ借り入れ、返済をするだけでは、総額でいくら借入があるか分からないのです。

総額が分かりませんので、知らぬ間に残高が膨れ上がるのです。

借金400万返済方法のため副業でバイト始め、睡眠時間が1日3時間となり、休日も無くなた頃、私は恥も捨てて法律事務所に債務整理の相談をしました。

参考:借金返済 副業

浪費のための借入、と話すと軽視されそうで、気が重かったです。
ですが運良く親切な弁護士に相談ができ、私は任意整理を勧められました。

任意整理は、浪費による借金400万でも有効な方法だそうです。
弁護士費用に40万円かかりましたが、副業のバイトをしなくて良くなり、時間が得られるようになりました。